忍者ブログ
昆虫を中心とした折り紙のサイト
[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Flying Walking Stick, opus 480
ナナフシ
(展開図折り)
(Web)
www.langorigami.com/
Designed by Robert J .Lang
ロバート・J・ラング(アメリカ) 創作
37.0×37.0㎝
Complex Models


Flying Walking Stick, opus 480展開図の折り方(私の場合)

①カラぺに37.0㎝正方形を鉛筆で書き一回り大きくカットする。
②37.0㎝正方形に鉛筆で5㎜間隔で縦、横と直線を引く
74等分蛇腹なので縦、横それぞれ74本引く。
③線を引いた側にスプレー糊を吹きかけもう1枚37.0㎝正方形
より大きなカラぺを貼り付ける。
④カッターナイフでカットし37.0㎝正方形の完成(74等分線入り)
⑤展開図を見ながら山、谷折り線を根気よく間違わずに折り進める。
⑥折り畳むことが出来れば糊を注入し作品を固める。
⑦粘土細工でリアルにし完成

大切なことは根気、あきらめない事ですね。
誰でも蛇腹構造の昆虫作品は折れるはずです。
皆さん挑戦してみて下さい、頭の体操になり
ストレス解消に役立ちます。
ただし、失敗すればストレスがたまります。
(肩こりに注意)

必要なもの
◆鉛筆
◆定規
◆カラぺ(包装紙店で購入すれば枚数が少量ですむかも)
◆スプレー糊(少し高いが?買いましょう)
◆ピンセット(こだわりましょう)
◆拡大鏡又は老眼鏡(私の場合)
◆竹串(爪楊枝は短いですのでやめましょう)
◆糊(安物のスティックのり)で十分、100円ショップにあります。
◆根性と愛(特に愛)

flying_walking1.jpg







ラング氏の作品はバランスが抜群です。

flying_walking2.jpg







裏を見て下さい。
見事な技ですね。




flying_walking3.jpg








よく見ると、下書きの碁盤線が残っています。

展開図折りのコツなんて考えているのなら
実際折って練習する方がいいんじゃないですか?



1つわからない部分があります、下記写真で説明しています。
わかる人がいれば教えて下さい。

flying.jpg







本家の作品

www.langorigami.com/art/gallery/gallery.php4

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
すばらしい
見事ですね!
展開図折りは、ごく簡単な伝承おりがみでさえ
私には困難ですから、本当に驚きました。
⑦粘土細工でリアルにし完成
という部分は、どのようにされるのでしょう?
pandora URL 2007/07/05(Thu)22:52:46 編集
粘土細工法
pandora さん
粘土細工法につきまして
私的な考えですがアップしました。

KM URL 2007/07/06(Fri)14:09:00 編集
無題
くsp
NONAME 2009/05/01(Fri)20:00:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[09/12 sodoo]
[05/01 NONAME]
[04/26 Scarlett]
[12/28 春]
[11/10 KM]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KM
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]